第七回 そぞろみ部 No.02 お正月
コラム · 2022/01/20
一年ぶりの「そぞろみ部」。今回はずばり「お正月」。元日の高崎のまちをそぞろみます。 だるまが名産でもある高崎市では毎年元日、二日と「だるま市」が行われにぎわうそう。 また家々の玄関を彩るしめ飾り。 多様に進化(変化?)していく日本のお正月の造形を皆さんも堪能してください。

Phase009:図工プログラミングを通して世界との出あい方を学ぶ ~早稲田アカデミー・プログラミングSTEAM教育プログラム「CREATIVE GARDEN」
コラム · 2022/01/07
今回は、学習塾とのコラボレーションで行われた「実体験」を重視したプログラミングの取り組みをご紹介します。 塾に通う子どもたちにある種の現実感の乏しさを感じた先生の言葉から、プログラミングを通して世界と出あう方法はないかと模索した清水さん。 果たしてどのような取り組みが行われたのでしょうか。

第十九回 みちの花
コラム · 2022/01/01
今回は2年生の授業のお話です。段ボールにお花紙を貼ったり、共用の絵の具でかいたりしながら表したいことを見つける「お花紙と絵の具と」。Kさんは自分が貼ったりかいたりした段ボールを縦にしたり横にしたりしながら表したいことを見つけたようです。 「表したいこと」があってそれを実現するために活動があるわけではなく、行為を繰り返すことで表したいことが見つかる。これはまさに、自分にとっての意味や価値をつくりだしている瞬間ではないでしょうか。

第十八回 放課後の学校クラブ 第6回 「月と夢の世界」の発表会
コラム · 2021/12/20
放課後の学校クラブ。前回準備の様子を紹介した「月と夢の世界」当日のレポートです。 今回は大学生も駆けつけて、よりにぎやかな雰囲気の中で行われました。 「月と夢の世界」から子どもたちがさまざまに想像を広げ、まさにつくりたいものをつくり紹介し合う空間には、教えるー教わるの関係も揺らぎながら、造形を通した、想像力と創造力にあふれた場が生まれていました。

Phase008:子どもの試行錯誤の「質」に目を向けよう Sony STEAM Studioを事例に
コラム · 2021/12/07
ここ数年でプログラミング教育に関するWSが増えてきました。そんな中大切になってくるのは、その活動の中で子どもたちが行う試行錯誤の質ではないでしょうか。 質の高い試行錯誤には「自分ごととしての問い」と「自分で答えを見つけられるかどうか」という2つの要素が欠かせない、そしてその質を上げるために、図画工作や美術の方法論を援用することが有効ではないか、と清水さんは感じています。 実際に取り組んだWSを基に、試行錯誤について一緒に考えてみませんか。

第十八回 しあわせがおとずれる所
コラム · 2021/12/01
普段土の色の違いを気にすることはないかもしれません。 それだけでなく、土がどんな役割があるのかについても、日常で思いをはせることは少ないでしょう。 本活動で子どもたちは、土を見て、触ることを通して土への認識を新たなものとします。それは単に土の色への解像度があがるだけではなく、土、大地、地球への想いを新たにもつ、ということです。

第十七回 放課後の学校クラブ 第5回 「月と夢の世界」に向けて
コラム · 2021/11/21
放課後の学校クラブ。早くも新しい取り組みが行われたようです。 今回のテーマは「月と夢の世界」。何ともロマンチックでイメージの広がるタイトルです。 コロナによる自粛期間を経ての、子どもたちの活動は、とても豊かなものになりそうです。

Phase007:オンライン授業の可能性② 学びが生活に直結する
コラム · 2021/11/07
オンラインワークショップから新たな学びのあり方を考察する第2回です。 家庭からの学習参加であることを逆手にとり、学びを生活と直結させることができるのではないか。そのことによって、日常を見る新たな視点を得ることができるのではないか。 清水さんの考察をお楽しみください。

第十七回 やみに包まれた明り
コラム · 2021/11/01
めあてを問いの形で示すようにしているという鈴木陽子先生。 「光のさしこむ絵」ではどのような問いを投げかけたのでしょうか。子どもたちはそれに対してどのように反応し、活動を深めていったのでしょうか。

第十六回 金ケ崎芸術大学校 第八回「小学生ウィーク」後半
コラム · 2021/10/19
小学生ウィークもいよいよ後半。 今回は村山修二郎を講師に迎えた「図工の時間~植物で描こう~」と、フィナーレを飾る「おとまりの時間」の様子をご紹介します。 参加した人たち、子どもたちにとって、この時間はきっと特別な経験として、心に残るのではないでしょうか。そんな素敵な時間です。

さらに表示する