カテゴリ:作品



第十二回 1000年に一度の夜にさく3本の花
コラム · 2021/06/01
今回は「絵の具でゆめもよう」からの作品です。試しながら自分でつくった模様が、新たな発想のきっかけとなっていき、すてきな世界が広がっていきます。Kさんのつくりだした世界を存分に味わってください。

第十一回 スーパームーンとむらさきの花
コラム · 2021/05/01
4年生の「言葉をもたないいのちのコトバを聴く」という題材で表した作品です。花を見て、感じ、想像を広げて、絵に表すものです。...

第十回 一本の光
コラム · 2021/04/01
今回は「白と黒のすてき」より。白と黒の絵の具とマスキングテープだけで表す活動です。小さな紙で表現の可能性を探り、それを並べかき広げる中で、Aさんは深く深く思考していったようです。

第九回 きれいな海にサメがきた
コラム · 2021/03/01
材料の色から、形から、触った感じから……、子どもたちは材料のいろいろなところから触発されてイメージを広げていきます。今回、「好きな色」である黄色いお花紙を最初に選んだIさんは、そこからどのように表現を広げていったのでしょうか…。

第八回 浜辺
コラム · 2021/02/01
材料に触れて感じたことから、自分の表したいことを考えていく「感じて考えて」。6年生のKさんは、ある日見た「夕日」を表したいと思ったのですが…。

第七回 本当の心への門
コラム · 2021/01/01
今回は、プラだんとLEDライトを使った表現、6年生での授業の様子から。Rさんはプラだんに触れていろいろな形を試しますが、なかなかよいと思う形を見つけられない様子。そこで鈴木先生は……。

コラム · 2020/12/01
今回は、いろいろな木にどんどん釘を打つことを楽しみながら思い付いたことを表す題材です。釘と木の形が生み出す小さな、しかし奥深い世界を一緒に覗いてみませんか。

コラム · 2020/11/01
今回は、みんなで集めた土を使ってかく「大地のおくりもの」です。3年生のRさんは、土に触れながらどんなことを感じ、考えたのでしょうか。

コラム · 2020/09/30
今回は、4年生Kさんの作品です。小さな紙にかいた作品を組み合わせて一つの作品になっています。「データの海」はどのようにして生まれたのでしょうか。

コラム · 2020/09/01
今回は、2年生の立体に表す活動。土の粘土を使った表現です。皆さんは、土の粘土の特長にはどんなものがあると思いますか?

さらに表示する